046337

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
桐高同窓会なんでも掲示板

1進路実績の向上を (2) / 2平成29年 群馬四校応援団演技発表会 (1) / 3応援団フェスティバルin静岡 桐高出場します。 (1) / 4群馬四校応援団演技発表会 (1) / 534年卒 阿部達雄君に関する著書を見つけました  / 6「山紫」第3号  / 7東日本大震災における同窓生消息  / 8校歌のレコード (5) / 9上毛新聞掲載  / 10何期生? (3) / 11松島和美先生のこと  / 12鳥取わらべ館 (4) / 13曾祖父の事について (2) / 14無題  / 15同窓消息  / 16無題  / 17同窓消息  / 18恩師・同窓消息  / 19同窓生消息など  / 20恩師近況など  / 21無題  / 22知人の消息 (1) / 23同窓生の消息&私の受験体験 (3) / 24同窓生の消息を追加  / 25桐高OBでお世話になっている・・・ (1) / 26高校野球県予選で敗れた農二応援団より (1) / 2750年間ご無沙汰しました。 (2) / 28カスリーン台風  / 29小倉様 (1) / 30台風18号  /



[ 指定コメント (No.64) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ カスリーン台風 投稿者:木本  引用する 
刊行委員 木本メモ帳より

昭和22(1947)年9月16日(火)
   
 9月13日,潮岬の南海上を発達しながら北上し、15日(月)東海道沖に達した。
その後関東地方沿岸部を通過し、翌16日関東の東海上に抜けた。
この台風で、県内死者592名、行方不明者107名を出す未曾有の被害となった。
前橋では387.4mm、桐生では370.0mmであった。県内では山地一帯の土石流、
そして洪水による被害であった(「群馬県の気象百年」より)。
 桐生では、渡良瀬川と桐生川が氾濫、堤防決壊、死者113人、行方不明者33人、
負傷者167人、流失家屋350戸、床上浸水4,929戸、被災者は全市民の63.5%の
約58,000人、被害総額は9億4000万円で、当時の市の予算総額の二年分に相当した。
このなか、桐生中学校、樹徳高等女学校の被害甚大、新川運動場は壊滅的打撃を受けた
(「ふるさと桐生のあゆみ」より)。
 藤倉喜代丸は「午後五時十分まで野村校長と共に備品を机の上にあげ、戸締まり、
職員生徒の退去完了、新川の美原橋を渡って帰った。」
 その日、当直の坂東勇は 
80年史   491〜492 そのまま載せる
野村校長の話 494    そのまま載せる
生徒の話も16日(火)の事に関しては そのまま載せる

* 米軍の航空写真 だめなら 略図を書き 浸水 倒壊箇所を明記
* 被害状況の数字は、29年合併する川内・相生・梅田村の数字が
  入っているかどうかは、後に確認する必要あり。
  例えば川内村では8人の死者あり。

17日から後片付けが始まった。
一週間余りで校舎内のヘドロを校庭に運び出す。その後、安田達夫(24高卒)は、
校庭の泥の山を一人で黙々と校外に担ぎ出し、教室内の掃除を続けた。
そのうち協力者が現れ、その熱意は「全校を動かした」(人脈)。
校長野村は感銘し、卒業式で安田に特別賞を贈ったという。

30日には チブスの予防注射
10/7 桐高女の生徒が校庭整備のため応援 前には小学生も来てくれた
11/7 3日間 復興祭を挙行した。
この頃になり漸く落ち着いたのであろう。

 復旧工事は、23年の4月に校舎の一部復旧、南北校舎を繋ぐ渡り廊下増築。
25年8月に体育館、
26年1月講堂、
27年10月正門・土手等修築され、およそ5年がかりであったが、
講堂は水害の影響がひどく東西のコンクリートの土台が傾斜し始めていることが判明、
県当局はその修理負担を全額できないとのことで、26年10月24日、総額24万円弱の内、
学校側が10万円程度調達せざるを得ず、保護者に対し拠出金のお願いをすることとなった。
一口百円、出来たら二口以上のお願いであった。(5月1日の在校生数 1048名)

 桐生市は、戦争中空襲による被害はほとんど無かったのだが、22年カスリーン台風、
23年8月アイオン台風、24年8月末、キティ台風と連続三年台風に見舞われ大きな被害を受けた。

*生徒の一部では、罹災者救済の募金活動を17日から始め、10月3日、南小学校で行われた
 罹災者同盟結成大会には、義捐金16,042円77銭を手渡したという。
 (7月の東京白米10kgの小売価格で 約161kg分。11月だと約107kg分に相当する)
*足尾線通学生が、授業開始の連絡を受けたのは、9月28日、上神梅〜大間々間は不通で
 バス輸送であった。客車が運行されたのは、10月17日、全線開通は、10月22日であった。
*桐工では 教職員の被害状況 生徒並びに生徒の家庭の被害状況が、50年史に記載されている。
 例えば 負傷生徒2名 家族を失った生徒11名。
 また、全校生徒約一ヶ月間 弁当、スコップ持参で各町会へ配属され、復旧工事に従事したとある。
  太中では人的被害、校地校舎の被害はなかったが、教職員全員が登校できるまで10日余りかかっている。

桐中に関しては、多分多くの教職員、生徒にかかわり、被害、生活への支障が出ていたことであろう。
但し、具体的資料はない。
松尾八郎教諭の自宅は床上浸水、弟達は押入の上段で寝る始末で、先生は、一週間あまり学校の
宿直室で寝泊まりしたという。また家の片づけには、何人もの生徒が手助けに来てくれたという。

2009/10/13(Tue) 16:53:19 [ No.64 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -