桐生高校同窓会
  Communication site for the Alumni association of Kiryu High School
|  HOME |  BACK |  お問い合わせ |
20年度同窓会のお知らせ
30年度定期総会 30年度講演会 29年度以前の定期総会

     
     
     
     
開 催  予 定

1.日 時  2019年7月13日(土)
2.場 所  桐生市市民文化会館
         桐生市織姫町2-5 TEL:0277-40-1500
3.内 容  
  
受 付     13:30~
  アトラクション 14:00~14:30 (1F 小ホール)
      少林寺拳法部・吹奏楽委員会・ 応援指導委員会
  講演会     14:40~15:40 (1F 小ホール)
      演 題:『あなたの心臓・血管大丈夫?
           ~心臓・血管病の予防から最新の治療まで~』
      講 師:矢嶋 純二(昭和60年卒)
        公益財団法人 心臓血管研究所付属病院 院長
  総 会      15:50~16:40 (1F 小ホール)
①出席者は、受付で資料をお受け取り下さい。
②本年度喜寿を迎えられる同窓生は、主に「昭和36年3月卒」の方々です。記念品などを受付で受け取り、会場の前列に
  お座りください。 
  懇親会      17:00~18:30 (4F スカイホール)

2019年の桐高同窓会総会・懇親会は、会場の都合により
第二土曜日の7月13日になります。
お間違えの無いようよろしくお願いします。


     
     
 その他
懇親会費:3,000円
①同窓会役員・幹事からチケットをご購入下さい。
②チケット購入出来ない場合は、連絡用はがきで申し込みくだされば、当日受付でご用意します。
③なお、当日受付でも取り扱います。
④懇親会の座席指定は、ございません。

※同窓生による作品展は、今年度は開催されません。

     
       お問合せ 桐生高校同窓会事務局(山紫会館)
TEL.0277-32-5814 (月~金 9:00~12:00)
FAX.0277-32-5815
メールはこちら

     




平成30年度定期総会



吹奏楽委員会の演奏 


応援指導委員会によるリーダー演技


校長と会長・副会長


事務局・会計・監査・運営委員長

  「平成30年度桐中・桐高同窓会定期総会」は、7月7日(土)に桐生市市民文化会館小ホールにて開催された。
幹事学年は、昭和59年卒(幹事長中野博和氏)だった。中田全一氏(59年卒)の司会により、
現役桐高生によるアトラクションが始まった。吹奏楽委員会の素晴らしい演奏と歌声、
そして応援指導委員会の迫力ある演技に、一同は魅了され、郷愁に浸った。
総会は、下山雅通総会運営委員長(54年卒)の挨拶から始まり、黙とう、宮地同窓会長と森泉校長の挨拶の後、喜寿を迎えられた昭和35年卒の29名の先輩諸氏に賀詞と記念品が贈呈された。議事に入り、阿左美和巳氏(59年卒)の進行により、平29年度事業報告、会計報告、監査報告、役員改選が審議され、すべて承認された。続いて30年度事業計画案、予算案が提出され、満場の拍手により承認された。今年度も成功裏に終了した。
















賀詞贈呈

宮地 由高 会長


総合運営委員長 下山 雅通


中田 全一 氏

森泉 孝行 校長


増田 浩三 副会長


阿左美 和巳 氏
           
定期総会懇親会
  会場をスカイホールに移して、小森谷徹氏(59年卒)の司会のもと、懇親会が華やかに繰り広げられた。
総勢450名を超える同窓生に参加頂いた。宮地会長、森泉校長、荒木恵司氏(52年卒)の挨拶に続き、総会で喜寿のお祝いを受けた方々を代表して籾山佳一氏(35年卒)の乾杯のご発声で始まった。
宴の途中、田村ひろ氏(59年卒)による美しいボサノバの弾き語りが行われた。
歓談も尽きないところであったが、恩師の大矢創先生にお言葉をいただき、幹事学年の引き継ぎ(59年卒中野博和氏→60年卒早川毅氏)が行われ、校歌の大合唱、板橋副会長の締め、中村副会長の閉会の言葉で、大変盛り上がった懇親会も閉幕となった。


宮地 由高 会長


森泉 孝行 校長

荒木 恵司 氏


懇親会風景


田村 ひろ 氏によるボサノバの弾き語り


年度幹事学年(59年卒)


大矢 創 先生



板橋 英之 副会長の締め

籾山 佳一 氏


懇親会風景


懇親会司会の小森谷 徹 氏


次年度幹事学年(60年卒)


校歌による懇親会の〆


中村 昌也 副会長の閉会の言葉



平成30年度定期総会講演会





講演中の小森谷 徹 氏

 定期総会に先立つ講演会は、タレント・俳優・キャスターである昭和59年卒の小森谷 徹 氏により
「我らの桐生学」という演題で行われました。

講演会要旨
  「桐高では桐生学という探究的活動が行われていると耳にし、同窓生の皆さんにも桐生について知ってもらい、次の桐生を作るための材料にしてもらえたらと、『我らの桐生学』という演題を掲げさせてもらった。
桐生は、織都桐生であり、古くからの歴史がある。列車の路線は4つあり、美味しい食べ物もあり
、観光産業の発展する材料はそろっている。また、子育て支援が充実していて、子育てにぴったりな田舎、空き家物件が多い田舎として上位にランクしている。しかし現状では、年々人口は減少している。さらにもう一歩踏み込んだ対策が必要である。ある幸福度調査では、子供を3人持つことが
女性の幸せにつながるという結果がでている。共働きが当たり前のスウェーデンでは、生徒が減ってしまった学校の余った教室は、学童の場所として活用されている。
そして、先生の雇用は減らさず、学童の先生としてワークシェアリングを行なっている。桐生よりも小さな自治体だが、高校までの教育無償化、学習塾の無償化も始まっているところもある。
桐生でも、桐高OBの方々に教育ボランティアとして活躍していただければ、学童と学習塾を一体化させ、桐高志望の子供達を増やし、桐高からの東大合格者を10倍にすることができる。そして桐高OBの力をあわせ、桐生に工場を誘致し、働ける場所を増やし、外にある本社は桐生に移してもらいましょう。
桐生を持続可能な誇れる故郷にするためには、子育てに前向きな自治体、暮らしを支える仕事、
ブラブラできる街作りが大切です。」


Copyright(c)2008 群馬県立桐生高等学校同窓会 All rights reserved.